BD BNA ビー・エヌ・エー Vol.3 初回生産限定版 (Blu-ray Disc)[東宝]《10月予約》

48view

出典:あみあみ

参考価格 14,300円(税込) 販売価格 14,300円(税込) 発売日:20年10月14日


製品仕様

初回生産限定版
アニメ描き下ろしジャケット
【収録話数】第9話~第12話
1080p High Definition/16:9ワイドスクリーン/2層(BD50G)/ステレオリニアPCM

解説

【イントロダクション】
“人類”と“獣人”が共存する社会。
獣化遺伝子・獣因子を持つ獣人たちは、近現代の自然の消失により住処を追われ、人類の前に姿を現した。各国が共存のための対応に追われるなか、日本では獣人が獣人らしく生きるための獣人特区『アニマシティ』が設置される。
それから10年の月日が経ち、『アニマシティ』に17歳のタヌキ獣人・影森みちるがやってくる。普通の人間だったが、ある日突然タヌキ獣人になった彼女は「ここなら自由に生きられる!」と喜ぶが、ひょんなことからオオカミ獣人・大神士郎と出会い、『アニマシティ』にもこの街にしかない危険がたくさん潜んでいることを知る。
頑固な性格で過剰に人間を嫌う士郎とは衝突を繰り返しながら、みちるは怪しい女のマリーや、市長のロゼ、獣人生活協同組合のジェムとメリッサなど、たくさんの人々に出会い、それまで知らなかった“獣人”たちの生き様を学んでいく。そして、タヌキの少女とオオカミ男に生まれた絆は、やがて世界を変える鍵になる。
なぜ、みちるは獣人になってしまったのか。その謎を追ううちに、予想もしていなかった大きな出来事に巻き込まれていくのだった。


【特典】
●初回封入特典
・BNA徹底解説ブックレット(仮)
吉成曜&大塚雅彦&今石洋之 コメンタリー(#9~12)
中島かずき&うえのきみこ&樋口七海 コメンタリー(#9~12)
スタッフインタビュー
吉成曜 各話演出対談
設定資料、コンセプトアートギャラリーなど
・絵コンテ集(#12)
・BNA吉成曜ラフスケッチ集(仮)
・デザインポストカード
●映像特典
・Web予告 #9~12


【キャスト】
影森みちる:諸星すみれ
大神士郎:細谷佳正
日渡なずな:長縄まりあ
アラン・シルヴァスタ:石川界人
バルバレイ・ロゼ:高島雅羅
マリー伊丹:村瀬迪与
石崎浩一:乃村健次
立木勇次:中博史
ジェム・ホーナー:家中宏
メリッサ・ホーナー:斉藤貴美子
ジュリアーノ・フリップ:多田野曜平
白水総理:大塚芳忠

※特典内容・商品仕様は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。

カテゴリー別